茅原のトンド(当日準備編)

大きな写真は Zonerama でご覧頂けます。

1月14日は朝から準備が続きます。
茅原は組み立て途中から、玉手は初めから作業が行われます。つまり茅原は2日、玉手は1日で完成させることになります。
今年は午前中参加出来なかったので昼からの様子になります。

Jpeg
茅原の雌は午前中に鉢巻きが巻き終えていました。

Jpeg
玉手の雄も扇の打ち合わせが終わっていました。

Jpeg
今では重量が1t以上あるため重機を使って立てます。周りを竹で支えて倒れないようにします。

Jpeg
上に登って茅の穂先を綺麗に広げています。

Jpeg
根元は藁を巻き付けて締めていきます。日を付けるときには周りの竹が外されますのでしっかり締めておく必要があります。

Jpeg
雄の鉢巻きが運ばれてきました。

Jpeg
鉢巻きを巻き付けていきます。

Jpeg
頭と尾を交互に重ねていきます。

Jpeg
雄のシンボルも出来上がっていました。

Jpeg
雌の方はほぼ完成です。

Jpeg
雌の鉢巻きの頭です。

Jpeg
雄の鉢巻きの作業が進みます。

Jpeg
西から見る雌のトンド

Jpeg
日も傾いてきています

Jpeg
いよいよ雄が建てられます。重機で所定の場所へ下ろします。

Jpeg
すかさず竹で周りから支えます。

Jpeg
シンボルが運ばれます。

Jpeg
まもなくシンボルも取り付けられます。

Jpeg
読経を終えた修験僧たちが本堂から出てきました。

Jpeg

Jpeg
続いて僧侶が出てきました。

Jpeg
まもなく雄も完成です。

Jpeg

Jpeg
雌雄とも御幣と松飾りが付けられると完成です。

Jpeg
後は本番を待つばかりです。

Jpeg
出店も準備が進んでいました。

「茅原のトンド(当日準備編)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です